トピックスTopics

  • お知らせ
  • 2019.08.19

第45回ホリデーインまえばしに参加します!

第45回ホリデーインまえばしに赤城商会も出展。

https://holiday-m.org/

日時:8月25日(日)9:00~16:00

場所:前橋敷島公園

出展内容:様々な安全対策の紹介ということで、交通安全対策(NEXCO西日本の取り組みを紹介)、

獣害被害対策(わたれませんグレーチングの展示)、土砂流出対策(土砂流出対策製品

SRフェンスの展示)、落石対策(STKネット、ユニットネット工法の展示)

その他クイズ(動物クイズ、賞品多数)

お時間ある方は是非、足を運んでみてください!

 

  • メディア情報
  • 2019.07.16

獣害対策グレーチング付U字溝「わたれません」が北日本新聞に掲載されました!

北日本新聞で「わたれません」が取り上げられました。

同時に北日本放送の夕方の番組でも放送されてます。

地元、砺波市般若自治振興会の方のコメントもわかりやすくまとまられてます。

イノシシ被害から、地元の農業を守る事に貢献できるよう、これからも行動していきます。

  • メディア情報
  • 2019.04.11

ぐんま経済新聞に獣害対策グレーチング付U字溝わたれませんとLIGHTが掲載されました!

ぐんま経済新聞2019,4,4付号に獣害対策グレーチング付U字溝「わたれません」とわたれませんLIGHTが掲載されました。人力施工で獣害対策 わかりやすく記事がまとめられてます。

わたれませんのサイトはこちらです

http://wataremasen.com/

  • お知らせ
  • 2019.04.11

赤城商会の護岸積みブロック3製品でテクスチャー証明書取得しました!

これまで河川用護岸ブロックの性能評価手法に関する取り組みが土木研究所、公益社団法人全国土木コンクリートブロック協会を中心に進められてきました。その中で、護岸ブロックの明度認証制度に続き、テクスチャーの認証制度も普及し始めています。テクスチャーとは、素材表面の肌理や凹凸を表しております。自然石に見られる肌理の粗さや凹凸による陰影。平滑な面の滑面間知ブロックなどは表面がのっぺりとしていて決めが細かすぎるため、無機質な印象を与えます。テクスチャーが護岸に与える印象は国土交通省が進める多自然川づくりにおいて重要な役割を果たします。具体的な数値としては、滑面タイプの輝度が3~10*値が大きいほど陰影がある。古くから使用されている自然石の輝度が18~35になります。多自然川づくりにおいて「コンクリートブロックについては、輝度の標準偏差11以上が好ましい」とあります。弊社のスプリット間知ブロック:33、多孔質スプリット間知:35、ポラリス:47となっております。公益社団法人全国土木コンクリートブロック協会より証明されました。

 

もっと見るLoading...

Page top